トップ > 活動内容 > 20歳以上のひきこもりの人への訪問サポート・メンタルフレンド活動

20歳以上のひきこもりの人への訪問サポート・メンタルフレンド活動

20歳以上のひきこもりの人への訪問サポート・メンタルフレンド活動

《他人と関わること無しに社会復帰はありえません》

本来なら、若者のすべての原動力は友達だと思います。若い時に友達から与えられるパワーはどんな困難でも可能にするものです。勇気がもらえます。元気がもらえます。そこから自信が湧いてきます。

けれども、小学校・中学校・高校時代にいじめにあったり、人間関係でつまずいて自信を無くして、ひきこもりになってしまった人たちは本当に理解し合える友達がいない…という人が多いです。

他人と関わらない生活は確かにストレスが生じません、でも、他人と関わること無しに社会生活をしていくことはできないのです。

他人と関わることが怖い…大勢の人の中に出て行くのが不安…という声をよく聞きます。他人に対しておびえてしまう心、傷つきやすい心は生まれつきのものではありません。ありのままの自分を受け止めてくれる、そんないい人に出会えば、もっともっと小さかった頃に、疑うことも無く誰もかれも無条件に受け入れていた心に戻れます。

トカネットの訪問サポーターはメンタルフレンドとして 「心を割って話せる人…」 「自分の気持ちを   ゆっくり聞いてくれる人…」そんな、友達みたいな関係を目指して勇気を与え続けます。

そして、少しずつ自信をとりもどして社会に目を向けていくことを目標にしています。

 《訪問サポーター・メンタルフレンドは何をするの?》

話相手や散歩、映画、ボクシング、編物、ゲーム、買い物、パソコンや英会話を教えるなど、色々な形で関わっていきながら信頼関係を築いていきます。

友達みたいな関係をつくりながら「自信をとりもどす」ということを目指していきます。また、復学を希望する場合には勉強のお手伝いもします。

《20歳以上のひきこもりの人へのメンタルフレンド活動》

児童相談所は学齢期(中学生まで)のひきこもりの子供を対象とししたメンタルフレンド活動は行いますが、成人年齢をむかえたひきこもりの方へのメンタルフレンド活動は行っていません。訪問サポートトカネットのメンタルフレンド活動は、成人年齢のひきこもりの方へも家庭訪問し、メンタルフレンド活動を行います。

《私たちがに会いに行きます!!》

  • 私も長い間ひきこもりでいました。やっと少しだけ社会参加ができるようになりました。同じような人の気持ちがよくわかります。
  • 心理関係にたずさわっています。
  • 不登校やひきこもりの経験は無い社会人ですが、現実社会のきびしさは私にもわかります。私にできることがあれば…と思っています。
  • 社会人経験のある大学生です。復学を望んでいる方には勉強のお手伝いもできると思います。

《対応地域》

現在は、首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)を中心にメンタルフレンドを活動しております。

さらに今後、さらに広い範囲での需要があり、訪問サポーター・メンタルフレンドの登録範囲が広がれば首都圏以外の地域でもメンタルフレンド活動を行っていきたいと考えております。

《費用に関すること》

トカネットの訪問サポート・メンタルフレンド活動は、メンタルフレンドとご家族との信頼関係にもとずいて責任を持った活動を行っておりますので有料です。

《お問い合わせ先》

訪問サポート・トカネット
東京都江戸川区平井3−21−18 成海ビル401
TEL:03−3636−2983/090−4953−6033

ページの先頭へ戻る