トップ > アラカルト > 詩・I suppose so

I suppose so
By nao



ここに 私たちが
いることは 偶然では
ないとおもう

社会の被害者のように、
よわいものがつよいものに
ゆずってばかりで
とても損をしているように
私はよくおもう

争いはさけたいし
自己主張がへた
相手のきもちが
よくわかってしまう
わたしたち

わたしは 今でも
エゴばかりの人たちを
みかけては 落胆して
おちこんで しまう
ことも しばしば

かといって
これで終わるのか といったら
いや そうじゃないだろう


わたしが
わたしの中から
見つけた
ほんとの知恵と
よべるものは

私からみれば
明らかに
勝組と
いえるような

社会の一線で活やく
しているような
人たちを

あるときは
いやす
ことさえもできる
とわかった

貴重な働きができるんだ


だから 解きあかそう
自分のこと、私たちのことを

そこから生まれた
それぞれの叡智が

日本の社会を
いやしていくと
おもうんだよね

そういう種を みんな
もっているきがする

それを世に出していったとき
そのとき
私たちは 天使のような
存在になることが
できるんじゃ
ないかって
おもうんだよ


感じる力が大きくて
ほんとにいろんなことを感じる

プラス
ただ流していく
ことなんて できないし したくない

だから
それでよく
つぶれそうになってしまうよね

だから つながりあいながら
進んでいけたら いいな
なんて・・・・・・



どうかな?

ページの先頭へ戻る